うつ病を根本的に解決するため、自分の悩みを相談してみよう

うつ病治療は家族の協力も必要です

Topics

悩みを打ち明ける

うつ病になる人の多くは、責任感の強い人です。トラブルが起こった際に責任感の強い人は自分のせいだと自分を責めてしまう場合が多いため、悩みを打ち明けることが出来る相手を探して相談してみましょう。

MORE

費用を確認

体の病気と同じように、うつ病の治療にも費用がかかります。相談する際に治療でどの程度費用がかかるかといった話を聞くことが出来るため、事前に確認してから治療を受けるようにしましょう。

MORE

相談が大事

1人で抱え込んでも改善することは出来ないのです。うつの相談はこちらのサイトがオススメです。些細なことも相談してみましょう。

無料の相談場所を探しましょう

うつの相談を行う際には無料の相談場所を探すようにしましょう。無料で話を聞いてくれる場所はかなり多くなってきているので自分の周りではあまり無いと考えている方でもインターネットなどを利用して探してみる事によって、近場にある事を知る事ができます。相談をする際に料金がかからないとまともに話を聞いてもらう事ができないのではないかと心配になってしまうかもしれませんが、そのような事はありません。無料のうつ相談だからと言って適当に回答をもらう事はありません。しっかりと話を聞いてもらう事ができますし、1つ1つの相談についても的確なアドバイスをくれる事も多いので、無料でうつの話を聞いてもらう事ができる場所は心強いです。

ベテランの方が対応してくれます

また無料のうつ相談が良く利用されている理由は専門の方が話を聞いてくれると言う点です。有料の場合でも専門の方が話を聞いてくれるのですが、無料の場合は市などが用意している場合があるので、専門の方でもベテランの方などが話を聞いてアドバイスをくれるのです。人によって症状は変わってくるのですが、ベテランの方であればしっかりとしたアドバイスをする事ができます。新人の方では無いと言う部分もあり良く利用されていると言う事があります。新人の方よりもベテランの方に話を聞いてもらう事ができた方が安心すると思います。お金がかからないと言う点も良く利用されている理由の1つですが、ベテランの方がうつ相談の話を聞いてくれる部分が評価されています。

うつは誰にでもなりえる病気です。

うつは、「心の風邪」とも言われています。張りつめていた心が、ふと何かのきっかけで「プツン」と切れてしまい、やる気や元気が減退してしまう症状です。弱ってしまった心に、無理にゲキを飛ばしたり、「どうしてできないの」と責めると余計に心は萎えて、前に進めなくなってしまいます。風邪の治療と同じように、まずは「静養」「栄養を与える」ことが大事で、「必要に応じて投薬」することも効果的です。 気をつけなくてはいけないのは、うつは「心の弱い人」がなると思われがちですが、「真面目」「芯がしっかりしてる人」「細やかな気配りをする人」に起こりやすい症状ということです。「この人は大丈夫」そういう先入観は持たずに、普段と違う行動や表情が現れたと思ったら、「うつ」を疑い、必要ならば相談をする必要があります。

症状がうたがわれたら、軽いうちに相談しましょう。

うつの症状としては、「やる気がでない」「何をしても楽しくない」「悪いほうに考えてしまう」という抑うつ症状の他に、「寝付けない」「食欲不振」「頭痛や吐き気」「感覚鈍麻」等が挙げられます。本人が気づく事もありますが、たいていは「気のせいだろう」「これさえ乗り切れば」と思っていて、誰にも相談しないことの方が多いです。 うつは、症状が悪化すると、社会生活や日常生活に支障が出てきます。ひきこもり、自傷という事態に発展しないためにも、早い段階で心療内科や保健センターに相談して、アドバイスを受け、適切な対応をすることが必要です。 症状が軽い場合は、本人が数回のカウンセリングを受けるだけで、物事への考え方が変わり、心が軽くなって快方に向かうこともあります。本人が治療に積極的でない場合は、家族も心配でストレスがたまりますが、そういう思いを専門機関でうちあけ、相談することで「その人を支え続ける元気」ももらえます。

うつになったかなと思った時に知っておくとよいことは

現在人において、人間関係や金銭問題などで悩んで、うつになられる方が多くなってきています。 うつというのは内面的なことであるので、外部の相手からはひじょうに分かりづらく、それゆえに相談できずに自分ひとりで悩んでしまうという負のスパイラルが起きて、どんどん症状が悪化してしまいます。 気が落ち込み、気分が上がらない時が日常茶飯事になったときは、うつ状態になったと思われます。そのようなときに知っておくとよいことは、親しい間柄の友人や彼氏・彼女や両親もしくは心療内科の先生にすぐさま悩みを打ち明けて相談するとよいでしょう。自分ひとりで悩んでいるよりも、他者の意見を聞くことによって悩みに対する解決策が発見できるかもしれません。

Pick Up

相談相手を選ぶ

うつ病の相談をする相手は、しっかりと選ぶ必要があります。自分と年が離れている人だとより建設的なアドバイスをもらいやすいため、年上の人に話を聞いてもらって、改善方法を一緒に考えてもらいましょう。

MORE

ストレスの少ない方法

うつ病の相談をする際には、自分にストレスのかからない方法を選ぶことも重要です。最近は電話で相談を受けてくれる場合も多いため、人に会うのが苦手なら電話で相談をおこなってみましょう。

MORE

早めの相談を

うつ病は年齡に関係なくかかる可能性のある病気なので、若い人でも相談が必要な場合も多くあります。早めに相談を行なうことで症状が軽いうちに対処することが出来るため、自分がうつ病かもしれないと感じたらすぐに相談してみましょう。

MORE